手作り指輪で婚約指輪を作ってみよう! | 婚約指輪を手作りしてみる?

手作り指輪で婚約指輪を作ってみよう!


今、幅広い年齢層に人気があるのは、手作り指輪制作です。
手作り指輪制作工房や手作り指輪自作キットを使って、オリジナルのデザインの指輪を作ることができます。
工房で製作した場合、既製品の指輪と違って価格もリーズナブルで、値段を抑えたものだとだいたい3万円ぐらいから既製品に負けないレベルの指輪を作ることができます。
また、手作り指輪の自作キットも売られていて、カップルで手作り指輪を作りながら、楽しい時間を過ごすというのが、最近流行りになりつつあります。

▼ 目次

どんな手作り指輪が人気なの

ではどんな指輪が作れるのかと言うと、 男女の若いカップルにはカップルペアリングが人気で、婚約している男女には婚約指輪や結婚指輪などが人気です。
デザインはシンプルなものから、カーブを加えたものまで様々な形状の指輪にチャレンジすることができ、ダイヤも希望のものをはめ込んできらびやかで豪華な仕上がりにすることもできます。
本来手作り指輪のターゲットは、カップルなのですが、年齢層や目的を問わず、趣味として手作り指輪を始める人もいます。
一時期シルバーアクセを自作するというものが流行りましたが、それに似た楽しさがあるものだと思われます。

人気の手作り指輪工房では、一部屋を貸切って手作り指輪を制作することができるので、その制作する場面をSNSにアップして、楽しんでいるカップルや夫婦もいます。
手作り指輪には、刻印を彫ることができますので、男女が好きな内容の刻印を書いて、相方にプレゼントすることもできます。
刻印はレーザーで彫りますので、しっかりと思い出が刻み込まれます。

このような手作り指輪は、自作キットも売られていて、自宅で気軽に手作り指輪作りを始めることも可能です。
自作キットの場合は、工房に行く手間がありませんし、価格が安いのが特長です。
ただ失敗した場合、手作り指輪工房のように、サポートしてくれるスタッフがいませんので、注意しながら制作しないといけません。
カップルで手作り指輪を楽しむのであれば、手作り指輪製作キットより、手作り指輪工房を利用するのが一番だと思われます。

手数料づくり指輪工房には保証がある場合も

手作り指輪工房で作った指輪には保証がつけてもらえますので、アフターメンテナンスを受けることができます。
また素材に対する保証もありますので、インターネットで銀やプラチナ、金などの素材を仕入れるよりも、工房で作った方が信用度が高いというメリットもあります。
本来指輪を作る時には、作るための機材を色々と用意しなければいけませんが、工房で制作する場合は、手ぶらで来店して、お店の機材を使って指輪を作ることができます。
手作り指輪の工房は 大阪や、東京、名古屋などの様々な都市に人気のお店があり、来店前に予約をしておけば、一部屋を貸し切って手作り指輪制作を楽しむことができます。

手作りの指輪って何がちがうの?

さて、そんな最近話題の手作り指輪ですが、既製品やブランドの指輪と比べると、一体何が違うのでしょうか?
一番の違いは、自分でデザインをするという楽しさを、味わえることができると言うことではないでしょうか。
気持ちがこもったものには、お金で変えられない価値があります。
確かにブランドものの指輪のほうが、お金を払えば豪華なものを買うことができ、宝石を身につけるという満足感を得られるかもしれません。
しかしブランドものは、お金を払うことですぐに手に入るものです。
時間をかけて作った手作り指輪には、指輪としての価値に加えて、思い出がこめられています。
手作り指輪とブランド指輪は、同じ指輪ですが、性質的には全く別モノだと考えた方がいいかもしれません。

デートで指輪を手作りもおすすめ

手作り指輪を作る工房は、商業施設の多い都心部にありますので、カップルで街をデートした後に、工房で手作り指輪を作るというデートコースを楽しむのもありでしょう。
また、趣味で指輪作りを始めたいという人が、工房を予約して、本格的な機材を使ってお試しで作ってみるのもいいかと思われます。
本格的な機材を自宅で用意すると、かなりのお金がかかりますので、工房を利用すれば格安で制作することができます。
あと、手作り指輪工房では、既製品のプロの職人が制作した指輪も置販売していますので、手作り指輪を作るのではなく、すでにできているものを購入するのでもOKです。

手作り指輪でよく作られる指輪は、カップルのペアリングや結婚指輪です。
この2つは価格がリーズナブルですので、ブランドもののペアリングとは別に、手作り指輪制作を楽しむ目的で作られるカップルが多いようです。
価格も指輪一つが2万円から3万円代で制作できますので、手軽にサービスを利用することができます。
手作り指輪工房は内装にもこだわっていますので、制作したベアリングをカップルで身につけて、写真撮影をすることも可能です。
作った指輪は紛失時あんしん保証サービスというものがつきます。
これは、手作り指輪のゴム型を制作して、紛失したした指輪と同じものを再度作れるようにするサービスのことです。

このように、工房を利用して手作りの婚約指輪を制作するサービスが今カップルの間で話題を呼んでいます。
気になった人は、手作り指輪制作工房などのキーワードで検索してみましょう。

新着情報

挙式にリングピローは必須?

結婚指輪の交換を予定しているのなら用意はしよう

挙式で結婚指輪の交換を希望しているのなら、リングピローは用意しておいた方が良いでしょう。
リングピローとは、小さいクッション状のもの。直訳すると「指輪の枕」です。式でかわされる「指輪交換」時に使うアイテムとなっており、メインイベントには欠かせないアイテムとなっています。ただ最近は、リングピローを敢えて利用しない夫婦も増えてきました。結婚式もコスパが重視されており、強いこだわりを持たない人も少なくありません。最終的にどうするかは、本人達の自由です。しかし一生に一度の結婚式と考えると、寂しいものがあります。
≫ 『挙式にリングピローは必須?』

結婚指輪の素材人気!トップはプラチナで次世代は?

不動トップのプラチナ

結婚指輪の人気素材。不動のトップを維持しているのは、間違いなくプラチナです。取り扱っている結婚指輪の種類は、店によりけりです。しかしプラチナに関して言えば、どこのお店でも取り扱いはあります。
プラチナはレアメタルの一種。指輪の他に、スマホなどの精密機器にも使われています。変色に強く、指輪をしたまま温泉に入っても問題なし。見た目はまさしく「純白の花嫁」そのもの。見た目も美しく実用性も高いプラチナ。不動のトップにふさわしい素材と言えるでしょう。
≫ 『結婚指輪の素材人気!トップはプラチナで次世代は?』

結婚指輪が変形してしまったら?

結婚指輪が変形したら外す!

結婚指輪が大きく変形してしまい、今まさにどうして良いのか困っている状態に陥っていることでしょう。指輪として機能している状態にあるのなら、左手薬指につけているかと存じます。まずは外してください。そして専用のリングケースに入れて、保管しましょう。
「結婚指輪を外す」という行為を第三者から支持されるのは、屈辱以外の何者でもありません。しかし、変形した状態の指輪を使い続けると取り返しのつかないことになります。最悪、指輪が外れなくなる事態に。指輪は確かに大切なものですが、ご自分の体も大切です。
≫ 『結婚指輪が変形してしまったら?』

注意!結婚指輪を紛失しない方法

結婚指輪の紛失だけは避けたい

手にした結婚指輪は、短く見積もっても死がふたりを別つまで手元にとっておきたいもの。しかし、中には難しい場合があるのも事実です。実際に結婚指輪を紛失し、泣きを見ている方は少なくありません。紛失してしまった人の多くは、普段から結婚指輪をしっかり管理しているにも関わらずです。
紛失すれば保証してくれるブランドもあるにはありますが、全てのブランドに当てはまっている訳では、ございません。紛失リスクを少しでも減らし、未来永劫ずっと手元に大切な指輪を持っておきましょう。
≫ 『注意!結婚指輪を紛失しない方法』

結婚指輪の選び方

結婚指輪選びは一発勝負!失敗は許されない

大変残念な話になりますが、結婚指輪の返品はできません。デザインが気に入らなかった・サイズが違うものだったなどの理由があったとしても、店側は首を縦に振ることはないでしょう。
つまり一度選んだ結婚指輪は、余程のことがない限りは一生涯付き合うことになります。そこで後で困ったことにならないために、結婚指輪の選び方についてご紹介します。
≫ 『結婚指輪の選び方』