手作り指輪で婚約指輪を作ってみよう! | 婚約指輪を手作りしてみる?

手作り指輪で婚約指輪を作ってみよう!


今、幅広い年齢層に人気があるのは、手作り指輪制作です。
手作り指輪制作工房や手作り指輪自作キットを使って、オリジナルのデザインの指輪を作ることができます。
工房で製作した場合、既製品の指輪と違って価格もリーズナブルで、値段を抑えたものだとだいたい3万円ぐらいから既製品に負けないレベルの指輪を作ることができます。
また、手作り指輪の自作キットも売られていて、カップルで手作り指輪を作りながら、楽しい時間を過ごすというのが、最近流行りになりつつあります。

▼ 目次

どんな手作り指輪が人気なの

ではどんな指輪が作れるのかと言うと、 男女の若いカップルにはカップルペアリングが人気で、婚約している男女には婚約指輪や結婚指輪などが人気です。
デザインはシンプルなものから、カーブを加えたものまで様々な形状の指輪にチャレンジすることができ、ダイヤも希望のものをはめ込んできらびやかで豪華な仕上がりにすることもできます。
本来手作り指輪のターゲットは、カップルなのですが、年齢層や目的を問わず、趣味として手作り指輪を始める人もいます。
一時期シルバーアクセを自作するというものが流行りましたが、それに似た楽しさがあるものだと思われます。

人気の手作り指輪工房では、一部屋を貸切って手作り指輪を制作することができるので、その制作する場面をSNSにアップして、楽しんでいるカップルや夫婦もいます。
手作り指輪には、刻印を彫ることができますので、男女が好きな内容の刻印を書いて、相方にプレゼントすることもできます。
刻印はレーザーで彫りますので、しっかりと思い出が刻み込まれます。

このような手作り指輪は、自作キットも売られていて、自宅で気軽に手作り指輪作りを始めることも可能です。
自作キットの場合は、工房に行く手間がありませんし、価格が安いのが特長です。
ただ失敗した場合、手作り指輪工房のように、サポートしてくれるスタッフがいませんので、注意しながら制作しないといけません。
カップルで手作り指輪を楽しむのであれば、手作り指輪製作キットより、手作り指輪工房を利用するのが一番だと思われます。

手数料づくり指輪工房には保証がある場合も

手作り指輪工房で作った指輪には保証がつけてもらえますので、アフターメンテナンスを受けることができます。
また素材に対する保証もありますので、インターネットで銀やプラチナ、金などの素材を仕入れるよりも、工房で作った方が信用度が高いというメリットもあります。
本来指輪を作る時には、作るための機材を色々と用意しなければいけませんが、工房で制作する場合は、手ぶらで来店して、お店の機材を使って指輪を作ることができます。
手作り指輪の工房は 大阪や、東京、名古屋などの様々な都市に人気のお店があり、来店前に予約をしておけば、一部屋を貸し切って手作り指輪制作を楽しむことができます。

手作りの指輪って何がちがうの?

さて、そんな最近話題の手作り指輪ですが、既製品やブランドの指輪と比べると、一体何が違うのでしょうか?
一番の違いは、自分でデザインをするという楽しさを、味わえることができると言うことではないでしょうか。
気持ちがこもったものには、お金で変えられない価値があります。
確かにブランドものの指輪のほうが、お金を払えば豪華なものを買うことができ、宝石を身につけるという満足感を得られるかもしれません。
しかしブランドものは、お金を払うことですぐに手に入るものです。
時間をかけて作った手作り指輪には、指輪としての価値に加えて、思い出がこめられています。
手作り指輪とブランド指輪は、同じ指輪ですが、性質的には全く別モノだと考えた方がいいかもしれません。

デートで指輪を手作りもおすすめ

手作り指輪を作る工房は、商業施設の多い都心部にありますので、カップルで街をデートした後に、工房で手作り指輪を作るというデートコースを楽しむのもありでしょう。
また、趣味で指輪作りを始めたいという人が、工房を予約して、本格的な機材を使ってお試しで作ってみるのもいいかと思われます。
本格的な機材を自宅で用意すると、かなりのお金がかかりますので、工房を利用すれば格安で制作することができます。
あと、手作り指輪工房では、既製品のプロの職人が制作した指輪も置販売していますので、手作り指輪を作るのではなく、すでにできているものを購入するのでもOKです。

手作り指輪でよく作られる指輪は、カップルのペアリングや結婚指輪です。
この2つは価格がリーズナブルですので、ブランドもののペアリングとは別に、手作り指輪制作を楽しむ目的で作られるカップルが多いようです。
価格も指輪一つが2万円から3万円代で制作できますので、手軽にサービスを利用することができます。
手作り指輪工房は内装にもこだわっていますので、制作したベアリングをカップルで身につけて、写真撮影をすることも可能です。
作った指輪は紛失時あんしん保証サービスというものがつきます。
これは、手作り指輪のゴム型を制作して、紛失したした指輪と同じものを再度作れるようにするサービスのことです。

このように、工房を利用して手作りの婚約指輪を制作するサービスが今カップルの間で話題を呼んでいます。
気になった人は、手作り指輪制作工房などのキーワードで検索してみましょう。

新着情報

手作り婚約指輪ができるまでのプロセス

婚約指輪って実は手作りできるんです!

結婚指輪が手作りできる工房は、日本全国各地にあります。そして実は、婚約指輪も手作り可能です。仕上がるのは、お粗末なものではありません。プラダのような高級ブランド店で売っていても不思議ではないほどのクオリティです。他にはない、世界に1つしかない婚約指輪を手にすることができます。
では、婚約指輪はどういったプロセスで手作りすることになるのでしょうか。手作り婚約指輪の値段についても、取り上げます。
≫ 『手作り婚約指輪ができるまでのプロセス』

四角いダイヤモンドが特徴の結婚指輪

結婚指輪に四角いダイヤモンドを選ぶ

結婚指輪に何か自分らしい要素、オリジナリティな要素を加えたいという人も少なくありません。
結婚指輪自体もリングの素材や形状、宝石の付け方、刻印の打ち方などをアレンジして自分の中で考えているあらゆるデザインにするすることが可能です。

そのデザイン性の1つとして、ダイヤモンドの形を四角いものにするという方法があります。
四角いダイヤモンドというのは少ないようで、意外にも多くの店舗でみかけることができます。

デザイン性に拘っている指輪が多く、独特な雰囲気もあります。
また、ダイヤモンドのはめ込み方も埋め込み式と爪で抑えているタイプのものがありますが、光の具合によってダイヤモンドの輝きが違うこと顕著に確認することができます。

埋め込み式であれば、ダイヤモンドが枠の中に埋め込んでありますので、横からの光が入りずらく光の反射も弱いですが、爪のタイプであれば、光がどの角度からも入りますので光の反射も強いです。
四角で角がありますので、それぞれの角度から光具合を楽しむことができますし、光方も個性的ですので特別感を出すこともできるでしょう。

≫ 『四角いダイヤモンドが特徴の結婚指輪』

婚約指輪は手作りのものを贈ろう

婚約指輪は手作りで

婚約指輪はダイヤモンドが贅沢に使われているので、値段は少々張ります。

でも手作りならば、安い値段で婚約指輪を作ることができるでしょう。

勘違いして頂きたくないのは、安いからとはいえ、価値がなくなる訳ではありません。

手作りだからこそ、値段以上の価値が出てきます。

婚約指輪の手作りは、基本的に他の指輪とほとんど同じです。

型を作り、作った型に溶かした金属を流し込みます。

そしてリングにダイヤモンドを埋め込めば、完成です。

手掛けるのは型作りのみになりますが、型作りは指輪作りの仕上がりを大きく左右します。
≫ 『婚約指輪は手作りのものを贈ろう』

2人で10万の結婚指輪を作ろう

2人合わせて予算は10万

結婚指輪に出せる予算は2人で10万という方もおられるでしょう。

お店に探しに行くと予算オーバーの指輪が多いかもしれませんが、手作りならその限りではありません。

特にリーズナブルな工房なら十分に作れる予算です。

できる範囲でデザインにもこだわれるおすすめの方法です。

手作りなら安くなる

同じグレードの指輪なら手作りの方が安くなることも多いです。

製作の一部を自分でやるおかげで技術料が安くなるのですね。

とはいえ、自宅で一から手作りするのは難しいでしょうから、結婚指輪の手作り工房を利用するのがおすすめです。

技術的なサポートも含めて指輪作りに必要なものがすべて揃っています。

お金を節約しながら結婚指輪をきちんと作りたい方には工房でのDIYがおすすめです。

≫ 『2人で10万の結婚指輪を作ろう』

結婚指輪の材料とは

結婚指輪の材料には何がある?

結婚指輪を手作りするとき、好きな材料を選べるのですが、どんなものがあるのか、どれがおすすめなのか、わからないことも多いですよね。

そこで知っておきたい結婚指輪の主な材料をご紹介します。

定番の素材について

結婚指輪の材料として特に知っておきたいのは、プラチナとゴールドの2種類です。

ゴールドは非常に有名ですよね。

プラチナについてはあまり知らない方も多いかもしれません。

実はこれも希少金属で、ゴールドよりも採れる量の少ない貴重品です。

これら2種類の材料はどちらも結婚指輪にはとてもよく使われます。

両方とも高価な貴重品ですから、これで作った指輪もそれだけで貴重品になるわけです。

特別な指輪の材料にはふさわしいとして、多くの人から選ばれています。

まさに結婚指輪の定番といっていい材料になっています。

≫ 『結婚指輪の材料とは』